本文へスキップ

国土交通省型式承認・船舶用救命器具メーカー

TEL: 03-3447-7272

〒108-0071 東京都港区白金台1-5-5

ウクンダ

常時着用を目的とした海上作業者のための製品です。

従来のライフジャケットは、海上で作業する方にとって「かさ張る」「作業の妨げになる」などの理由から必要性は感じても着用を敬遠された方も多かったのではないでしょうか? その悩みを解決すべく「ウクンダ」は開発されました!
そしてついに大人気のウクンダA80型・A90型が、これまでの実績を認められ、作業用救命衣として国土交通省の型式承認を取得しました。 これからはNS−ウクンダA80型・NS−ウクンダA90型となります。
いままで以上、より多くの方にご利用いただけるよう、これからも努力を続けてまいります。

ウクンダは2種類に大別されます。 
 ウクンダAシリーズ  浮力体に”メローフォーム”と気体封入式式浮力体”を併用又は、”気体密封式浮力体”のみを使用。(一部型式承認品外のものがございます。)
 UKシリーズ  ウクンダシリーズの作業用救命衣(小型船舶用救命胴衣兼用)


製品一覧


ウクンダAシリーズ

【実用新案登録済み】
ウクンダシリーズの中でも、更に今までの概念を変えた《気体封入式浮力体》を使用。
ウクンダAシリーズに使用している気体封入式浮力体は、国土交通省の型式承認試験基準に適合し、また、中小企業創造活動促進法にも認定されています。
《気体封入式浮力体の4つの特徴》
  1. 気体封入式浮力体は、チューブ状の特殊フィルムの最大容量に対して、極少量の空気を定められた環境条件のもとで封入しており、外因からの圧が加わると厚の掛かっていない部分に空気が自由に逃げ回るので、着用時に”かさ張る”等の違和感を全く感じません。
  2. 気体封入式浮力体に使用しているフィルムは、特殊な柔軟性・伸縮性が有り、同質のフィルムと生地を張り合わせたものは膨脹式救命衣にも使用されています。当社使用のフィルムはその中でもトップクラスのグレードで、膨脹式救命衣に使用されているのより3倍厚く、−47℃の耐寒性を有します。
  3. フィルムに直径1.5mm程度の針で穴を開けた場合でも、チューブレスタイヤのように自在に伸縮しますので、特別な圧力をかけない通常の状態では水中下1m程度に沈めても空気の漏れはありません。
  4. 気体封入式浮力体は平成6年より国土交通省の型式承認品へ採用された新浮力材です。気体封入式浮力体及び使用しているフィルムは、型式承認基準に定められた耐熱、耐寒、引張、気密、老化、耐圧、接着力(溶着力)、耐油、塩水、噴霧の各試験に合格しています。
◆下図にマウスを乗せてみてください!

ウクンダA10型

気体封入式浮力体を100%使用

ウクンダA10型は、ポリウレタン生地を使用した本格的な浮くカッパです。更に100%気体封入式浮力体を使用していますので嵩張ることなく浮くので、作業衣は抜群です。
軽量で耐磨耗・耐熱・耐寒(−47℃)・耐油性に優れた材質ですので、定置・延縄などのハードな作業に最適です。

(カッパズボンは別売りです)

浮力 約8.0kg 
(型式承認品外)


寸法表
サイズ 胴回り(mm) 着丈(mm) 袖丈(mm) 製品重量(g)
L 約1340 約720 約610 約1250
LL 約1430 約770 約670 約1260


ウクンダA3
ウクンダA4

従来のウクンダ3型と4型は発泡樹脂浮力体だけを使用していましたが、A3型・A4型は気体封入式浮力体(全面左右各2本、計4本)と発泡樹脂浮力体を併用することにより、厚みがさらに薄くなり作業性の向上につながりました。
サイズ・仕様等は下記をご参照ください。
*写真はA4型です。

浮力 約8.0kg
(型式承認品外)


寸法表 A3型 A4型
サイズ 胴回り(mm) 着丈(mm) 袖丈(mm) 製品重量(g) 製品重量(g)
L 約1160 約750 約620 約950 約1160
LL 約1240 約750 約640 約990 約1220

NS-ウクンダA80型

国土交通省型式承認番号: 4576
《気体封入式浮力体》を100%使用

ウクンダA8型は、気体封入式浮力体を前面部左右各3本、後面部左右各3本の計12本を配した特に柔軟性に富んだ救命衣です。
表裏布は、風通しが良く肌触りがさらさらなメッシュを使用し、肩、背中及び脇部には伸縮性のあるパワーネットの採用により、体に良く馴染む夏向きの仕様です。
両脇のサイズ調整機能及び体にしっかり装着するための胴締ベルト調整機能を全て救命衣の内側に収納し、表面の突起物を拝した安全対策を講じています。

浮力 約8.3kg 重量:約635g
有効期限:3年


NS-ウクンダA90型

国土交通省型式承認番号: 4577
《気体封入式浮力体》+《発泡樹脂浮力体》使用

ウクンダA9型は、気体封入式浮力体を前面部左右各2本、後面部左右各3本の計10本を配し、外因からの更なる保護のために、表布と気体封入式浮力体の間にメローフォーム(特殊柔軟加工発泡樹脂浮力体)を1枚プラスしています。
表布はナイロン生地に耐寒性ウレタン樹脂をコーティングし防汚性を高め、また、肩・背中・脇部には伸縮性のあるパワーネットを採用、体にジャストフィットします。
両脇のサイズ調整機能を全て救命衣の内側に収納し表面の突起物を拝した安全対策を講じています。

浮力 約8.5kg 重量:約660g
有効期限:3年


UKシリーズ

作業用救命衣(小型船舶用救命胴衣兼用)

NSーウクンダ11型(背抜型)

型式承認番号:3796

薄い浮力材を重ね合わせ、前面部・脇部を従来の作業用救命衣よりも薄くすることにより、柔軟性に優れ、作業時に違和感のない常時着用に適した製品です。
また、従来の作業用救命衣は浮力材を胴衣の裾側から挿入しているため、腰のあたりに浮力材が集中してしまい作業の妨げとなっていましたが、この製品は浮力材を肩から吊り下げることにより、作業時に邪魔にならない胸部に浮力材が集中するように設計しました。
更に、裾部に折り目が入っているため、かがむ作業に最適で、また、裾部を折り曲げて内側に入れることも可能です。
表生地は特殊加工の防水布・裏生地はべとつかないメッシュ生地を使用しています。脇はバックル調節タイプとなっています

浮力 約8.8kg 重量:約410g



*上記製品の使用は、予告なく変更される場合がございますのでご了承ください。
*The specification of lifjackets may change without notice.

newpage1.htmlへのリンク